味のカラーイメージ

食べ物そのものから感じたり代表となる料理の色からだったりと味覚は色で表しやすいものです。味覚というのは「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「旨味」の五つを指すそうですが食べたときの味として表現される「辛味」「渋味」なども取り上げています。

甘いをイメージする色の組み合わせ

お菓子やフルーツといったスイーツを思わせるを思わせる色。



酸っぱいをイメージする色の組み合わせ

レモンなど口をすぼめたくなるような感じを思わせる色。



塩っぱいをイメージする色の組み合わせ

塩をイメージできる白系の色、和菓子や塩飴といった塩味を思わせる色。



苦いをイメージする色の組み合わせ

コーヒーやビールまたは焦げたものといった色のイメージ。



美味しいをイメージする色の組み合わせ

赤色や黄色の暖かさを感じる色がおいしさを伝えます。



辛いをイメージする色の組み合わせ

体温が上がる暖色系の熱の入った色。



渋いをイメージする色の組み合わせ

苦みと似ている舌がしびれるような頬をすぼめてしまう味のイメージ。