★海外旅行情報★
エミレーツ航空が日本就航15周年で397万人以上の旅客を輸送

エミレーツ航空は、2017年10月で日本就航15周年を迎えました。2002年10月1日に関空-ドバイ線に就航して以来、397万人以上の旅客を輸送し日本とドバイ、さらには世界をつなぐ架け橋となりました。

日本でのあゆみ

エミレーツは日本とアラブ首長国連邦(UAE)を結ぶ初の中東拠点の航空会社として、2002年10月に関空-ドバイ線の運航を開始しました。その後、2010年3月に成田-ドバイ線、2013年6月に羽田-ドバイ線に就航。現在、関空・羽田・成田の3空港とドバイ間で毎日運航し、ドバイを拠点に世界150都市以上へネットワークを展開しています。2015年6月にはエミレーツ専用ラウンジを成田に開設、2017年3月からはエアバスA380型機を成田-ドバイ線へ導入、日本路線を利用するお客様へのサービスをさらに充実させました。開幕を2年後に控えたラグビーワールドカップ™2019日本大会では、オフィシャル・ワールドワイド・パートナーおよび公式エアラインを務めます。エミレーツは今後も旅行やスポーツ・文化を通じ日本のお客様との緊密な関係を築き、日本市場に貢献してまいります。

輸送力とネットワークで日本と世界、ヒト、モノを繋ぐ

日本に就航した2002年の年間旅客輸送実績は約6.6万人でしたが、その後ネットワークの拡大とボーイング777型機やエアバスA380型機といった大型機の導入により、2016年単年で50万人を超え、約15年間で397万人を輸送しました。日本からエミレーツを利用するお客様の人気の旅先は、ドバイをはじめ、欧州(バルセロナ、ローマ、マルタ、ロンドン、ウィーン、リスボン)、カサブランカが上位にランクイン。

貨物輸送においては日本路線で毎週合計500トンを輸出入しており、輸送量は約3年間で6万トンに上ります。主な輸入品は切り花、サーモン、布地、輸出品では自動車部品、機械部品、電気製品を多く取り扱っています。

エミレーツ日本支社長のニック・リースは、次のように述べています

「この度、エミレーツは日本就航15周年を迎えました。ご愛顧ならびにご支援を賜りましたお客様、パートナー企業の皆様をはじめ、私たちを支えていただいた多くの方々に、心より感謝を申し上げます。日本はエミレーツにとって重要な市場です。日本とドバイ間の交流はさらに促進されると見込んでおり、両地域間、そして世界を結ぶ航空会社として日本のお客様のご期待に沿えられるよう、高品質なサービス提供に努めてまいります。」

エミレーツ航空について

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠地とするエミレーツは、1985年に創業。現在、世界84か国157都市に就航する。ドバイの政府系ファンド、ドバイ投資会社(Investment Corporation of Dubai)を通じたドバイ政府所有でありながら、自由競争の原理に則り独自の収益目標と経営権をもって運営される完全独立企業。数多くの国際的なスポーツ大会やチーム、文化イベントのスポンサーを務めるエアラインブランドとして世界で認知されている。

【参考資料】


「エミレーツ日本就航15年の軌跡」インフォグラフィック


成田-ドバイ間に運航中のA380


成田のエミレーツラウンジ

   

海外旅行の情報