感情を色で表す

語句から思い浮かぶ色のイメージ。33の感情表現をカラーイメージ化しました。色の連想は、気分や環境によって変わったり人によって感覚の差があったりします。イメージの指標としてご利用下さい。


安心をイメージする色の組み合わせ

緑色・茶色・橙色で心が安らかになり落ち着いた感じを受けます。



不安をイメージする色の組み合わせ

黒色が心配に思ったり、恐怖を感じさせたりします。



感謝をイメージする色の組み合わせ

ありがたいと思う感謝の気持ちは明るく澄んだ色です。



興奮をイメージする色の組み合わせ

感情が高ぶる興奮の色は血が上る赤と前が見えなくなる黒を交えたものです。



好奇心をイメージする色の組み合わせ

珍しいことや未知のことなどに興味をもつイメージは黄色。



冷静をイメージする色の組み合わせ

感情に左右されず、落ち着いている様子は青系で表せます。



不思議をイメージする色の組み合わせ

想像もできないことや説明のつかないことは変化の大きい紫色のイメージになります。



幸運をイメージする色の組み合わせ

気分が明るくなる黄色が運がよさや巡り合わせのよさを表します。



幸福をイメージする色の組み合わせ

満ち足りていて不平や不満がない状態を表す色。



リラックスをイメージする色の組み合わせ

くつろぎゆったりした気分になる色。



緊張をイメージする色の組み合わせ

赤色と黄色の2つの色から心や体が引き締まります。



名誉をイメージする色の組み合わせ

すぐれた評価を得ていることを表す色。



責任をイメージする色の組み合わせ

役目を果たそうとする気持ちを表す色。



尊敬をイメージする色の組み合わせ

すぐれたものと認めて敬意を表す色。



親近感をイメージする色の組み合わせ

身近な存在であると認識して貰える色。



欲望をイメージする色の組み合わせ

足りないものを満たそうと強く望むイメージ。



恐怖をイメージする色の組み合わせ

恐れや怖いと思うカラーイメージ。



勇気をイメージする色の組み合わせ

恐れずに向かっていく強い心意気。



快感をイメージする色の組み合わせ

喜び・幸せ・満足といった感情に近い関係。



満足をイメージする色の組み合わせ

今が満ち足りていて十分である状態。



不満をイメージする色の組み合わせ

もの足りないと思う気持ち。



無念をイメージする色の組み合わせ

迷いの心を消した状態。



恥ずかしいをイメージする色の組み合わせ

人目につきたくない気持ち。



期待をイメージする色の組み合わせ

実現するだろうと望みをかけて心待ちにすること。



優越感をイメージする色の組み合わせ

自分が他人よりすぐれているという気持ち。



劣等感をイメージする色の組み合わせ

自分が他人より劣っているという気持ち。



怨みをイメージする色の組み合わせ

相手からひどい扱いを受け、機会あらば仕返しをしようとする気持ち。



苦しみをイメージする色の組み合わせ

思うような処理方法が見つからず解決のめどがつかいない状態。



悲しみをイメージする色の組み合わせ

心が痛んで泣けてくるような状態。



怒りをイメージする色の組み合わせ

腹が立ってがまんできない気持ち。



諦めるをイメージする色の組み合わせ

できる見込みがないと思ってやめる状態。



絶望をイメージする色の組み合わせ

希望を失い期待できなくなる状態。



愛しさをイメージする色の組み合わせ

かわいく思い大事にしたい気持ち。